正しい洗顔方法★洗顔マニュアル

肌への負担が少ない洗顔方法

洗顔している女性1

クレンジング後に行う洗顔も方法を間違えるとお肌に負担が掛かってしまいます。

特にクレンジングには注意をしていても、その後の洗顔は大雑把にしてしまう女性も多いようです。

そのためほとんどの人が洗顔を正しくできておらず、お肌を痛めてしまっている状態になっています。

クレンジングで負担の掛かったお肌にさらなる負担を掛けないように、正しい洗顔方法で洗顔しましょう。

このページでは、お肌に負担の少ない洗顔方法を紹介しています。

【1】ぬるま湯で濡らす

先ず最初にすることは、「手を清潔に洗う」ことです。
雑菌を落とした手で、顔をぬるま湯で洗っておきます。

【2】洗顔料をよく泡立てる!

洗顔石鹸などの洗顔料を手のひらにとり、水を加えながら充分に泡立てます。
コツは空気を含ませるようにして泡立てれば、もちもち泡が出来上がります。

【3】先ずはTゾーンから

一番最初に泡をのせる場所は、皮脂成分の多いTゾーン(額や鼻)です。
力を入れずにクルクルと円を描くように汚れとなじませていきましょう。

【4】次はUゾーンへ

次は頬やあごなどのUゾーンにも泡を乗せて、同様に力を入れずに汚れと泡をなじませていきましょう。
最後に目元や小鼻まわり、口元などの部分に泡を乗せて軽くなじませていきます。

【5】すすぎを充分に!

顔全体の洗顔が終わったら、最後にしっかりとすすぎをします。
温度は人肌程度のぬるま湯で、髪の毛の生え際など洗いにくい箇所も泡が残らないように丁寧に洗い流しましょう。

他にもこんなページが読まれています。

人気の洗顔料はこちら
トルコリラ